1. HOME
  2. コラム
  3. 保険の種類

コラム

COLUMN

保険の種類

皆様が保険加入を考える際、一度は思われたことがあるのではないか?というのが、「種類が多すぎてどれが良いかわからない」ではないでしょうか?
そこで今回は、大まかに3つにわけてご説明させていただきます。基本的には、この3つを覚えておけば、今後保険加入の際の材料になるかもしれません。

定期保険

読んで字のごとく、「期間が定まった保険」です。より割安な保険料で、手厚い保障を確保できるのが特徴です。

メリット

大きな金額を他の種類の保険からすれば割安な保険料で持つことができる。
事業主の方や、お子様が学校を卒業するまでに手厚い保障を確保したい方にお勧めの保険。

デメリット

満期のタイミングで保険料が上がる。(更新を迎えたタイミングの年齢での保険料)
ある一定程度の年齢で更新ができない場合がある。その際は、保険がなくなってしまうというリスクが発生する。

養老保険

老いて養う。上記定期保険の満期を迎えたタイミングで満期金が返ってくる保険です。保障も確保して、満期金も確保しておきたい。そういった方にお勧めの保険です。
保障としては、上記定期保険より大幅に下がり、保障が必要な場合は、別途補填しておく必要が出てくるかもしれません。

メリット

保障と貯蓄の両方を確保することができる。

デメリット

昔と比べ、支払い保険料と満期金とを比べた場合、満期金を支払い保険料が上回るケースが増えてきている。
定期保険より保障が下がってしまうため、別途保障を手厚くしておく必要があるため、保険料を2重にかける必要がでてくるかもしれない。

終身保険(低解約返戻金型)

身が終わるまで。一生涯保障が継続する保険です。一般的に、保険料払い込み期間をある一定年齢に設定している場合が多く、それ以降の保険料払い込みもなく、保障が一生涯継続する。

コラム