1. HOME
  2. コラム
  3. 日常ブログ
  4. 人生の門出・結婚 ~保険の変更の手続きや見直しは大丈夫?~

コラム

COLUMN

日常ブログ

人生の門出・結婚 ~保険の変更の手続きや見直しは大丈夫?~

友人の結婚ブームも落ち着き、招待状が届いたり連絡をもらったりすることすらなくなって早〇年…。
最近はそんな「結婚のお知らせ」を、お客様からいただくことがもっぱらです。
こちらからお祝いの言葉を述べると、お客様から「ありがとう」とお言葉をいただきます。
その時の少し照れたような、幸せそうなお顔を拝見できることが、今の私の楽しみになっています。

また、話題となった新垣結衣さんと星野源さんのいわゆる「逃げ恥婚」。
ドラマのファンだった私にとって、鼻血が出そうなくらい衝撃的で、
言葉では言い表せないくらいに嬉しいお知らせの一つでした。

◆◇ 結婚に伴う手続き ◇◆

さて【結婚】は、たくさんの人にお祝いされる一方、様々な手続きが必要です。
情報化社会の現代では、インターネットの検索欄に「結婚 手続き」と打ち込むと、
様々なサイトが表示され、諸々の手続きを懇切丁寧に教えてくれます。

婚姻届の提出はもちろん、住民票の取得戸籍謄本の取り寄せ新姓の印鑑の用意
国民健康保険・国民年金の氏名変更届出銀行口座の変更運転免許証の変更転居届の提出などなど。

…結婚されているみなさまは、この手続きを乗り越えてこられたのですね。

◆◇ 保険の変更手続き ◇◆

こうした諸々の手続きに追われ、つい忘れがちなのが【保険に関する手続き】です。
新しい名前や新住所への変更はもちろん、生命保険の死亡受取人の変更も大切な手続きの一つ。

うれしい・たのしい・大好き!が溢れているこのタイミングで、
死亡したときのための手続きなんて「縁起でもない!」と思われるかもしれません。

しかし、万が一の為にきちんと準備することは、新しい家族と共に歩んでいくための大事なステップではないでしょうか。

ちなみに、保険に関する手続きの主なものは以下の通りです。
※ご加入いただいている保険種類により異なります。

〇氏名の変更:改姓がある場合、お知らせください
〇住所の変更:転居済の方はもちろん、これから転居予定の方もお知らせいただけると助かります。
生命保険にご加入の方
〇死亡受取人の変更:ご結婚を機に配偶者様へ変更される方もいらっしゃいますが、
配偶者様以外を受取人に指定されたままの方もいらっしゃいます。
変更を迷われる際には、一度ご相談ください。

◆◇ 新しいご家族の為に ◇◆

ご結婚を機に、ご相談いただくことが多いのが生命保険の見直しです。
新しい生活と新しいご家族の為、ご自身に万が一のことがあった場合に備えて
ご家族へ「残せるものを…」と考えるお客様も多いようです。

万が一の際の公的保障として、遺族基礎年金や遺族厚生年金があります。
しかし、お若い方であれば加入期間が短く、残されたご家族の暮らしを守る金額に満たない場合もあります。

◆◇ 意外な落とし穴?奥様の補償 ◇◆

また意外と注目されていないのが、奥様に万が一のことがあったときのために備える保険。

奥様が大きな病気をされたり、万が一のことがあった場合、
奥様が担っていた家事や育児を、ご主人がせざるを得なくなることが多いようです
その場合、これまで通りに出勤や残業ができなくなることで給与が減少したり、
家事代行サービスをお願いする場合はその費用が必要になったり…。
支出が増えるのに収入は減ったりで、家計は苦しくなりますよね。

一般的に男性より女性の方が平均寿命が長いため、奥様はいつまでも元気でいるものだと思ってはいませんか?
しかし、いつまで元気でいれるかどうかは誰にもわかりません。
家族の安心・安定した生活を支える上では、ご主人だけでなく奥様も大切な存在なのです。

◆◇ 人生の岐路に立ったら ◇◆

人生のその時々によって、自分の中での優先順位は変化します。
優先順位が変化をするということは、その時に必要な保障も変わるということになります。
すなわち、ご自身にピッタリな保険に加入していると思っていても、加入時にピッタリだった保障が現状と合わなくなることがあるのです。

親元から独り立ちした時、結婚した時、お子様が生まれた時、お子様が進学する時、お子様が巣立った時、退職をした時…。
そんな変化に合わせてご自身の保険を都度見直すことで、「見えない不安」を解決する糸口が見つかるかもしれません。

ライフステージやライフプランに変化がある時はいつでも我々にご相談ください。
見えない不安を分析し、その不安を少しずつでも軽くできるよう、経験豊かなスタッフがアドバイスいたします。

霧島市の本店をはじめ、鹿児島支店、姶良支店、川内支店、鹿屋支店の県内5店舗でお客様に安心をお届けできるよう励んでまいります。
是非一度お立ち寄りくださいませ。

コラム