1. HOME
  2. コラム
  3. 日常ブログ
  4. ついに来たる!東京オリンピック

コラム

COLUMN

日常ブログ

ついに来たる!東京オリンピック

皆さまこんにちは。
本日は、霧島市にありますエール保険の本店より、小松がお送りいたします。

いよいよ今年(気が付けばあと数か月後ですね!)に迫った東京オリンピック。
私が一番注目している競技は【空手】です。
今大会から正式競技として追加された空手ですが、皆さま、生で試合を観戦されたことはありますか?

私は大学で空手道部に所属していましたので、試合は見学したことも参加したこともあります。
それまでテレビで見ていたものとは違って、会場に一歩足を踏み入れた瞬間、肌で感じた「熱量」を今でも鮮明に覚えています。

まばたきの隙に技が決まる「組手」、試合会場がその選手の独壇場に思える「型」、こうして思い出している今も興奮しています(笑)

初めて試合観戦した時に感激しすぎて、その場の勢いで「試合に出よう!」と決心したのが最後。
子供の頃から空手をしている猛者たちには到底かなわず、連戦連敗。
20歳の夏には、虫に逃げ出しそうなかわいい顔をしたお嬢さんから見事な蹴りを左顎に喰らい、1週間口が開かなくなった思い出もあります。

私の思い出話はここまでにして・・・。
過去の世界大会でも日本人選手が優勝・連覇をしており、今大会も金メダルの期待がかかる選手もたくさんいらっしゃいます。

組手の選手がすごいのはもちろんですが、私は「個人の型」に注目しています。
圧巻の演武に、息をするのも忘れるほど見入ってしまいます。
また、かすかに聞こえる選手の呼吸や、技を繰り出す瞬間に胴着から「鳴る」音も、試合観戦時の楽しみの一つです。

外国では、その「型」の一番の見せ場に向かって観客からだんだんと手拍子が聞こえてきます。
それに対し日本の試合では、演武中はしーんと静まり返っています。

今回、会場の雰囲気や観客の動き(ホームの雰囲気になるのか、いつもの楽しみ方で観戦するのか)も見どころです!

と、ここまで熱く語ったものの、応募した空手のチケットはあえなく落選。
ですが、圧倒的本物をリアルタイムでテレビ観戦できるだけでも、私にとっては夢の時間です。

せっかく日本で開かれるのなら、何かしら楽しみたいオリンピック。
皆様もお気に入りの競技を探してみてはいかがでしょうか?

コラム